numpy.shuffleのメモ

import numpy import random with open('generated_sfens.bin', 'rb') as f: data = numpy.fromfile(f, dtype='int8').reshape(100000000, 40) numpy.random.shuffle(data) with open('shuffled_sfens.bin', 'wb') as f: data.tofile(f)

負数の剰余

shunirr.hatenablog.jp 随分久しぶりに地雷を踏んだ。 CおよびC++では -5 % 3 = -2 5 % -3 = 2 RubyおよびPythonでは -5 % 3 = 1 5 % -3 = -1 そもそも商が違うのだ。 CおよびC++では -5 / 3 = -1 5 / -3 = -1 Pythonでは -5 // 3 = -2 5 // -3 = -2 つまり…

温故知新(2)

学生さんの卒論もあった色々と過去の調べ物をしている。 手に入る情報だけで追っかけて調査しているので,当時詳しい方には是非間違っている点があったら是非指摘していただきたい。 floodgateの長手数の将棋に関して 2011年,2012年辺りは稲庭将棋による長…

温故知新

ふと,一昨年はじめたコンピュータ将棋にどっぷりです。 まぁ,学生の卒論ネタもあって関連書籍を可能な限り集めてみたついでに,私も歴史を学んでみることにしました。 比較的古いのから紹介します。 コンピュータ将棋―あなたも挑戦してみませんか (Informa…

今年の選手権の話でも

第29回世界コンピュータ将棋選手権にエントリーしました。 恥ずかしながら昨年王者第一シードで御座います。 www.apply.computer-shogi.org 一昨年が電王トーナメント準優勝。 昨年が世界選手権優勝。 どちらも初参加ですが,相当雰囲気が違います。 電王ト…

シングルスレッド性能が速いのが欲しいときがある

Pythonで色々処理してると多コアが全く役に立たないことが多い。 自前で用意したシミュレーション系ツールも並列化してないと同様。 つまりシングルスレッド性能でしか生かされない。 そういうこともあろうかと,Skylake世代でKプロセッサを仕入れてたんだけ…

合法手の話

その昔,"指し手生成祭"という祭があったようです。(詳しくはググってください。) 将棋の局面で反則にならない手が何種類あるかってのをリストにする速度を競ってたそうです。私は先日Go言語で組んだのだとざっくり200kくらいが最高値でした。たぶん一桁負…

Apery調査の件

まず,遊び道具を提供下さった平岡さんに感謝します。 思えば三年前になるんですね。教師データの作成依頼のツイートが流れてきたのが,そもそも私がコンピュータ将棋に触れるきっかけでした。 ダイアリーの方からインポートされた記事があるのでリンク残し…

チェスのエンドゲームの話

囲碁とチェスの終盤はシンプルだって話は何回かしてる。 コンピュータ将棋の調べもの(主に自分用メモ) - 48's diary 将棋とチェスの違い(Stockfishを参考に探索部を強化する際の注意点) - 48's diary シンプルって言っても程度があって五目並べやオセロ…

Go言語で配列のメモリイメージをそのままファイルから読む

golangでint32のバイナリ配列をそのままファイルIOすんのできない?https://t.co/XEMfG9ObUXが意外に重い。 — 48 (@bleu48) January 12, 2019 その後解決したのでメモっておく。 参考にしたのは以下のところ。 qiita.com 要点だけ引っ張ったコードが以下にな…

Go言語雑感

Go言語について入門書のチュートリアルくらいはちょっとやってたんだけど,実用でどのくらい使えるかテストしてみました。 ターゲットは例の如く将棋ですね。 どっかの移植でも面白くないので,池さんの参考書やらオープンソースの他のソフトを適当に読み散…

新年の抱負

「過去現在、そして下手したら今後数年の未来までも含めて史上最強の将棋プログラムになるかもしれない。」ってやね師匠が言うてます。 やねうら王、新年の抱負を語る | やねうら王 公式サイト ウチは昨年の探索部の検証データが揃ってから,今年の探索部を…

今年の振り返りと新年の予定

ざっと振り返ります。 1月 岡山自作AIの会を発足しました。 どうしても金の臭いがしてしまうのでなるべく泥臭い命名です。 但馬先生に協力頂いて,結局私が3時間くらい喋ってた気がします。 チームメイト募集にノーリアクションが予想外でした。 応募者が居…

GPWに参加してみて

屋外での立ち仕事の影響か喉をやられたまま出張してきました。 大阪で一件発表の後,箱根でゲームプログラミングワークショップ。 Game Programming Workshop 例年箱根の研修施設で合宿制で行われているとのこと,初参加でしたが堅苦しくないところの交流が…

プログラマーとは違うかも

岡山でローカルなものを幾つか立ち上げてきた。 地域の草ITコミュニティもその一つで,もう10年以上になる。 小さなイベントは数えきれないが,近頃プロ化しているように感じる。 登壇経験豊富な人だけが登壇するというような傾向と同時に,参加者がその分野…

認知バイアスの話

認知バイアスの話。 若者が感じる閉塞感の話題で「心のクラッチ」と言うキーワードを得た。 周囲のスピード、特に目立つ人や情報のスピードと、自分の歩みの違いが、嫌でも見えてしまう。これは確かに現代の特徴かも知れません。精神的クラッチをうまく使っ…

お金の話

オセロの世界王者は食えないそうです。 news.nifty.com コンピュータ将棋の世界王者も食えない感じです。 大赤字です!!! #昨年の電王トーナメントと通算では黒字ですが — 48 (@bleu48) October 29, 2018 先月の広島で出したスライドなのでもう隠すような…

Hefeweizenの特殊性

あんまり理解されてないようなので,一番分かりやすいスライドをちょっとネットに乗せてみる。 少々冗談のような世界が理解頂ければ幸いである。 ちなみにCSAルールでは1秒未満切り捨て,1秒以上は切り上げなので2秒の消費時間というのはどこかで1回通信遅延…

最後の審判

最近知ったネタ。 詰将棋作品?『最後の審判』 (Koji Nuida) 将棋ルールの定義にまで遡る名作である。 連続王手の千日手を探索に入れた解釈に依存する詰み筋。 ちなみに,手元の計測では著名な詰み探索エンジンの背尾詰,なのは詰めの両方で不詰み扱いであっ…

補足的な話

先週末土曜日に広島でコンピュータ将棋の話をしてきました。 県外で依頼を受けて話したのははじめてです。 hiroshima.pycon.jp 私のリスペクトする如法さんから依頼頂いたってのが他を蹴ってたのに受けた理由のひとつです。もうひとつは酒祭かなw まぁ,そ…

Macで将棋所を動かす話

Mac(Sierra)のMono 4.0.5とかで将棋所動く情報もあるけれど、なんか立ち上がんないな(´・_・`)Wineだと立ち上がるけれどエンジンもWindows版を要求されるのでちょっと違う(´・_・`) — 平岡 拓也‹‹\(´・_・` )/›› (@HiraokaTakuya) September 21, 2018 なんか妙に早…

棋譜解析の話

コンピュータ将棋の役に立ってるところのひとつだと思う棋譜解析についてちょっとメモっておく。 棋譜解析ってのはその棋譜が誰によって作られたものであれ,それをコンピュータ将棋の手法で解析していくものである。コンピュータの棋譜であれば当然ミスが少…

将棋電王トーナメント終了だそうな

将棋電王トーナメント終了だそうです。 私は昨年の第5回に参加させて頂きました。まぁ,幸運にも準優勝しました。 dwango.co.jp 去年の今頃はせっかくshotgun作ったので隅っこで参加させてもらおうかと秋のスケジュールを確認してたくらいですかね。 丁度出…

不用意にchainer5.0.0b3を入れたメモ

環境構築の覚書 今回はchainerの対応 まず,pythonを入れる。 Windows10の64ビット対応で普通に入れたら十分だが,今回は3.7.0か3.6.6かで迷う。 保守的に3.6.6としておく。 VS2017これは最新を入れてみる。 今はこれでいいらしい。必須事項はC++の開発環境…

将棋電王トーナメントの雑記

なんだか風のうわさだと今年もあるっぽい。 それも10月スケジュールだそうなんだが、7月下旬で公表されてないのはさすがに厳しいんじゃないかな。 個人的にはもう10月予定は半分ほど埋まってるので参加できないかもしれない。 昨年と同じ11月上旬と思…

コム将ほどpythonを使って欲しい

この記事はpython-shogiの宣伝です。あしからず御了承下さい。 コンピュータ将棋界隈では諸々の事情でC++の天下です。 しかしながら,pythonでできることも沢山ありますし,pythonの方がいいことも沢山あります。 たとえば,コム将対戦の場であるfloodgateの…

千田先生の定跡への機械的回答

定跡も公開でしたので,公開私信モードです。 遅くなってすみません。 以下の計算自体は先週末に終わっておりました。(それでも約3日) うちの定跡との照らし合わせがまだですが職務等で少々時間かかりそうなので,機械的な部分だけ先行します。 具体的には…

長時間戦でのAperyについて

bleu48.hatenablog.com 前回の続きですが,あんまり長いので別にします。 i9をフルに使って長時間戦(持ち時間30分)を行ってましたが,なんと再起動されており以下の数で中断しておりました。感想戦ばかりしていられないのでこの辺で切らせてください。(以…

まぐれ度計測の話

選手権優勝の件,やはり出来過ぎ感があります。 ネタっぽく世界チャンピオンですと言ってもなんか笑い以外のモノが混じる感じです。 昨年と同じように順番に検証していきたいと思います。 今回の我々のチームはエンジョイ勢なので何より楽しめるかどうかに重…

コンピュータ将棋選手権の話

早めに書いておかないと熱が冷めるので書こうと思いますが,あれ以来睡眠周期が乱れて酷い体調になってるのでこんな時間でもあるし,きっちり整理できてる気がしません。 まぁ,いつもの追記にするか訂正することを前提にメモっておきます。 アピール文の話 …