読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悪意

積んであった東野圭吾の小説を読み終え(てい)た。

買ったのは三浦九段冤罪事件の読み解きに引用していたブログがきっかけだったと思う。

 

東野圭吾は相性がいいのか比較的流れが読める。文庫本だと残りページが分かりやすいので終末の予測まで立てやすかったりする。タイトルの悪意が誰の悪意かは何故か序盤早々気づいてしまった。

そういうのはいいんだが,要するに心の底に鬱屈したものを抱えた人間がきっかけを得ることにより悪意を持った狡猾な仕込みをする可能性というものが世の中にはあるということだ。程度がアレなのは京極夏彦の絡新婦の理とかであろう。

個人的にも若いころからこういうのは理解してたつもりなので,常日頃負の感情を抱えないように心がけている。

 

ちょうど籠池さんの証人喚問に悪意の小さな渦が多く見えて悲哀と嫌悪を感じてた。