読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WebAssemblyを試してみた(前編)

噂のWebAssemblyを試してみた

デモはChromeのcanaryで簡単に動く

https://webassembly.github.io/demo/

Chromebook(ASUS C300MA)でも動く(dev channel) 

  

なんか作ろうと以下参照しながら進める

qiita.com

 

cmake-3.5.1-win32-x86.msi は上記よりちょい新しい

Download | CMake

 

LLVMのビルドはXeon E5-2620 12コアマシンだと30分くらいだった。

以前MBPで2時間ほどだった気がする。(全く違うオプションだけど)

 

src\wasm-s-parser.h の修正は1096行目でした。

src\support\file.cpp の27行目のauto型がうまく動作しないようなので型定義してあげた

std::ifstream::openmode flags = std::ifstream::in;

 

sexpr-wasmは難なくビルドできた

たぶん随時改善されてるんだろう

ってことで,今日は環境を作った辺りで打ち止め

 

以下,なんとなく